布留式土器長頸壺残欠。四世紀から五世紀にかけて畿内で行われた布留式の供膳用器の残欠です。丸底の長頸壺でそれを支える器台なども出土しています。内外面は丁寧にヘラで磨かれており、前面はよく焼けてやや黒がかり、背面は赤褐色の明るい色調を呈しています。器を支える銅輪とブリキの落としをつけて花入に。

w9 x d10 x h10 cm
sold out