李朝白磁瓢形面取瓶。比較的類例の少ない瓢形の面取瓶です。面取の手法そのものはすでに高麗時代の青磁作品に作例がありますが、それらは中国の祖形の模写の性質の強いものです。しかし李朝時代から見られる面取には、写しの範疇をこえた柔和さがあるように感じられます。

瓢形の上頸の曲面と、八つに面取りされた平面に纏わる陰影が印象的です。

w11 x d11 x h21cm