李朝白磁耳杯

李朝白磁耳杯。正式な場で用いられた祭器の一つで古代中国などでは碗縁に手が触れないために耳がついたとされていますが、こと李朝においては様々な様式の耳が見られ、それはどこか装飾的です。耳を摘まんで杯を持ちあげると一寸の不安。正式な持ち方が別にあるのかもしれません。