李朝白磁面取徳利。図録の類でもよく取り上げられている李朝の面取徳利の定番の一つです。面取の手法そのものはすでに高麗時代の青磁作品に作例がありますが、それらは純粋に中国の祖形を模した写しでした。しかし李朝時代から見られる面取には、写しの範疇をこえた柔和さがあるように感じられます。

この徳利は十二面取りになっています。胴に生じた貫入に茶色のしみが広がっています。これは実用のうちに生じたもので、李朝のやきものにはこうしたものが多く「雨漏り」と名し景色とされてきました。李朝の美は、傷や染みなどをおおらかに包みこんでいます。

w11.5 x d11.5 x h20.5cm
sold out