8〜9世紀(奈良・平安時代)の須恵器、台付頸瓶です。この形の頸瓶は7世紀以降見られるようになったものですが、頸口と同じく、二重口の高台がついているものは少々珍しいものかもしれません。ひしゃげた胴部はそのままに残して頸部が工夫して付けられています。静かに季草を受け入れてくれる私好みの小壺です。

w10 x d10 x h8 cm
sold out