室町時代 古信楽蹲壺。僅かに口を歪ませた蹲壺で、肩には太い箆目で檜垣文が力強く刻まれています。表地は信楽特有の荒い山土で、長石粒をかみ、赤褐色に焼きあがっています。口作りは口辺に突帯をつけた二重口で、木栓をしたあと紙や布を被せ、頸部で縛るのには都合がよく作られています。胴部には壁掛け金具の為の穿孔があり、茶陶の作域です。

滋賀の古い公民館で同時代の古備前などと一緒に複数出土したものです。同手の蹲壺は五つあり、すでに二つが売れ、もう一つは入蘆花の所蔵としていますので、残るはあと二つのみとなりました。焼き上がりと保存状態がよく、内漆などをせずにそのままで花入としての使用が可能です。


w12 x d12 x h14 cm