15〜16世紀 宋胡録香合。14世紀以降にタイの古窯場スワンカロークで焼かれた陶器は、桃山時代から江戸初期にかけて日本に舶載され、宋胡録・寸古録(スンコロク)と呼び、当時の茶人たちは茶道具に見立てて珍重したと言われています。スンコロクは、中国の宋や元代の龍泉窯系統の青磁、青花を写した作品が非常に多く、半磁器胎土に灰青磁釉、鉄絵、そして白化粧を主に生産していました。情景が見てとれます。

青みがかった鉄絵ですので、おそらくシーサッチャナラーイ窯系統ではないかと思います。

w4.5 x d4.5 x h3.5cm