Antique

高麗青磁象嵌花文八角小鉢

  • SOLD OUT
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢
  • 高麗青磁象嵌花文八角小鉢

初期の高麗青磁は官窯で、王族や上流階級向けに製作され、大量に生産し流通する製品ではない一品制作でした。しかし、社会状況の変化とともに磁器の作風も変化し、それまでの単色青磁に加えて、本品のような象嵌(ぞうがん)青磁が盛んに作られるようになりました。

象嵌とは、元は金属工芸の用語で、素地土に文様の形を彫り、色違いの土を埋め込んで仕上げるものである。それまでの高麗の磁器は、無文のものも多く、透彫、陰刻などの加飾があっても基本的に単色のものでした。高麗青磁の最盛期の12世紀頃にもなると、器形や作風は、中国・宋で評判の高かった耀州窯、定窯、汝窯などの影響を受けつつ、高級品として象嵌青磁が制作されました。

本品は八角の器形の側面に象嵌で花文が施されてあります。花文といえば、菊の花が丸々と絵が描かれるものが多いのですが、本品の花文は、あまり見かけない表現のものです。

盃として見立てられることの多い器形ですが、急須をおいて茶船にも程よい大きさです。

在庫状態 : 売り切れ

SOLD OUT

サイズ

w10.2 x d10.5 x h2.8 cm

高麗時代

The Goryeo dynasty (918–1392 CE)