Antique

鎌倉時代 灰釉急須

  • SOLD OUT
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須
  • 鎌倉時代 古瀬戸灰釉急須

鎌倉時代の有蓋の古瀬戸灰釉急須です。おそらく水滴として使われたもの。
しかし、同時代の一般的な水滴とはまるで違う佇まい。
鉄釉の掛かった蓋が付き、瓜型の胴からは、明らかに宋の焼き物の影響を受けていることが伺えます。

つい妄想してしまいます。

文献では鎌倉時代は中国宋代の様式である団茶と呼ばれる茶を蒸して殺青し固めたものを、
粉にしてお湯に入れ飲まれていたと言われています。これは日本のお抹茶の原点と言われています。

それが中国明代になると庶民派の洪武帝は団茶の生産を禁止し、お茶本来の味わいを引き出すよりシンプルな製法として
釜炒りでの殺青方法が生まれ、現在の葉茶を飲む形式が生まれたと言われています。
これが江戸時代に日本へ渡り、煎茶文化が花開いたというのが通説です。

しかし、実は宋代の急須は多く残っており、これがなんのための道具であったか、という問題があります。
近年の研究では、明に至る前、中国宋代ですでに葉茶があったのではないかということが、
言われ始めてきているようです。

中国宋代は平安時代にあたります。その後の鎌倉時代の古瀬戸というと、
中国の焼き物の形状を盛んに写していた時期でもあります。

もしかして、当時の日本の研究熱心な陶工や酔狂な誰かへ葉茶が渡り、
この急須でお茶を飲んだのではないか・・・。
そのお茶は花香る緑茶に違いない。

などという妄想が尽きることはありません。
しようもない内容ですみません。

在庫状態 : 売り切れ

SOLD OUT

サイズ

w12 x d8.5 x h6.5cm