Antique

漢代銀化緑釉壺

    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺
    • 漢代銀化緑釉壺

    漢代(202BC-220AD)の緑釉壺です。漢代には中国陶磁史上初めて、本格的な青磁が登場したほか、灰釉陶器、加彩灰陶、黒陶、鉛釉陶器などが作られました。殷周から春秋戦国にかけて栄えた青銅器文化から一転、漢代に至ると、青磁の焼造という技術的革新が起こり、技法も形態も多様な陶磁器が作られるようになりました。その中でも緑釉陶、褐釉陶は実用の器ではなく明器だったとされています。緑釉が銀を纏う銀化が多数出土しているのには、このような背景があります。本品には時代のあたりやニュウがありますが、すでに馴染んでおり、器形を保っております。発掘時の土が付着しております。表面の銀化が顕著に現れており、なかなか良い雰囲気です。花入にいかがでしょう。

    在庫状態 : 在庫有り

    販売価格  ¥32,000(税別)

    数量  

    サイズ

    w11 x d11 x h13 cm