Antique

平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢

    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢
    • 平安初期(AD900)猿投窯 灰釉片口大鉢

    猿投窯は古墳時代後期の須恵器生産に始まり、鎌倉時代末ごろに姿を消した古窯です。東海地方における中心的な窯場として、膨大な器物を残しており、未だかつてどの地域においても、これほど長く、かつ大規模に煙を上げ続けた地域はありません。須恵器から灰釉陶器への系譜をありありと宿した猿投古窯は、中世においては瀬戸・常滑を、近世においては美濃を生み出した母胎として日本の窯史において重要な意味を持っています。

    本品は平安初期(AD900)の猿投窯のもので、直径33センチからなる迫力十分の灰釉片口大鉢です。この器形はその後常滑などに引き継がれていますが、一般的には、ねり鉢や捏鉢として使われていたのではないかと言われています。なお、経筒外容器としての壺蓋にこの手の大鉢が使われていた例も出土しており、そのことにより、経筒外容器蓋兼、水注だったのではないかという説もあります。

    呼び継による直しなど、猿投ではよく見られるものですが、器形を保っており、非常に見応えのあるものとなっています。落としを置いて、花入にいかがでしょう。季節の野草など、花を呼ぶ古窯の佇まいです。

    在庫状態 : 在庫有り

    販売価格  ¥65,000(税別)

    数量  

    サイズ

    w33 x d33 x h13 cm