Antique

養壺のご依頼

  • SOLD OUT
  • 養壺のご依頼

    <時間が十分になく、暫くの間、養壺の受付を休止させて頂きます。ご了承頂けますと幸いです。>

    特に中国茶において、茶壺から得る湯水が、茶味に大きな影響を与えることは、
    深くお茶に取り組む茶人の間で、よく知られている事実です。

    湯水を柔らかくするはずの古茶壺なのに、
    どうしてお茶が美味しく入らないのだろうと、
    ご相談いただくことがあります。

    使われずに眠っていた茶壺にはカビや土の雑味が残っています。
    安全な湯水を得るには、化学薬品を使わずにカビを除去し、
    長い年月の間に土にこびり付いた雑味や、
    変な癖のついた味を取っていく必要があります。

    本物の宜興泥で作られた茶壺を顕微鏡で見ると、
    表面には細かな穴があいています。
    日々、山水を沸かした湯を通しながら、
    急がず、少しずつ穴に詰まった汚れを取り除いていき、
    呼吸する茶壺にし、土本来の力を引き出すようにすれば、
    柔らかな湯水を得ることができるようになります。

    入蘆花で紫砂壺をお求めの際、
    こちらのオプションを一緒にお求め頂ければ、

    柔らかい湯水が得られるまで壺を起こしてから、
    お届けいたします。

    この工程には壺の状態によって異なりますが、
    決済日から数えて、1ヶ月から、長くて2ヶ月ほどお時間を頂きます

    道具としての茶壺ではなく、コレクションとしてお求めの場合や、
    壺を起こす作業をご自身でされる場合は、茶壺だけお求め下さい。

    よろしくお願いいたします。

    在庫状態 : 売り切れ

    SOLD OUT