日々

茶席の古物見立て|碗泡

蓮華と碗でお茶を泡する碗泡(わんぱお)はシンプルですが、茶壺や蓋碗と比較すると、茶葉や湯についての理解や考察、繊細な変化を感じ取ることが不可欠で、独特の奥深さがあります。
私は碗泡の回数を重ねるごとに、その不合理さを思い知ることになりました。
しかし時としてひと匙の中の”つかのま”がするすると腑に落ちてくることがあります。

関連記事一覧