日々

日々 5月31日

「名前のない料理店」

昨日は六甲のMONTO TABLEで開かれた「名前のない料理店」小島圭史さんの食事会に出かけてきました。

この会のプロデュースをされた、さささんから、小島さんのお話は聞かせて頂いており、
料理に込められた物語や独創性、素敵な店名に惹かれていました。

細かに語るのは無粋ですが、一皿ごとに伝わり来るものがあって、
中でも、土と植物の根を使った一皿は特別に印象に残っています。

口に含めば景色が浮かび、ひとくちごとに素材それぞれが持つ素朴な美しさを感じました。
それは<美味しい以上のもの>でした。

小島さんは出張料理人として活動されているのですが、
「なぜ沖縄の食材にこだわるのですか?」と問われ、
「私の身近にあるものだからです。」とお答えになり、
その自然体かつシンプルな姿には憧れを覚えました。かっこいいですよね。

食事会に来られていた方々も面白そうな方ばかり、
またお目にかかれることがありますように。

MONTO TABLEさんはとても居心地の良い空間で、
リラックスさせて頂きました。また訪ねたいと思います。

今日の午後は曇り空。
古唐津の茶碗を蓮池に見立て、
お香を焚きました。

Mariage Freres/The Apres L’Orage

佳い夕時をお過ごしください。

関連記事一覧