Antique

19世紀オランダ 出土ガラス瓶

  • SOLD OUT
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶
  • 19世紀オランダ 出土ガラス瓶

ガラスが地中に長年置かれた場合に、ガラス成分の珪酸や酸化アルミなどが土中の鉄、銅、マグネシウムなどと反応し化学変化を起こします。古代のローマンガラスで有名ですが、中には表面の皮膜に銀を纏うものがあり、銀化現象とも呼ばれます。この銀化現象は未だ人工的に再現することができないのだそう。

写真はオランダの19世紀の地層から出土したガラス瓶。まだまだ若い年月にも関わらず、皮膜の変化が始まっており、面白い表情を呈しています。形状から推察するとインク瓶でしょうか。小花入になりそうです。

在庫状態 : 売り切れ

SOLD OUT

サイズ

w4.5 x d2.2 x h9cm