Antique

青銅器時代 装飾付土器

    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器
    • 青銅器時代 装飾付土器

    この写真の土器は、採掘家である私の友人達の発掘品なども扱っているオランダのギャラリーで一目惚れして求めたものです。青銅器時代の土器であるけれども、珍しいもので、専門家である彼らも明確な答えがなく、それ以来、調べ続けています。

    日本の土器・土師器の類は製造方法や造形など、ある程度明快に分類されています。ヨーロッパの古代文明は広大で、このような珍品も少なくなく、英語ではこのようなものを「unusual」と呼びます。

    本品は、土師器のような焼き上がりで、陶表には火を使った痕もありません。祭器でしょうか。
    鉢の上部周囲には、二珠を繋げ平らにしたようなものが貼り付けられ、それぞれに中心に一つ穴が開けられています。
    この穴は機能としてというより、何か別の意味があるよう感じます。古代メソポタミア文明にはeye idol(日本語では、スペクタル・アイドル、目の神殿、覗き穴目等)と呼ばれる器物があり、本品の上部の装飾は、一つ目のスペクタル・アイドルに良くにています。

    状態はこの一つの装飾に筋が走っているのと、胴周囲にわずかなあたりがある程度で、この時代の土器として、かなり良い状態だと思います。

    本品については私もよくわからないものなので、できる限り安くしました。
    もし、この器物が何なのか、この装飾についてご存知の方がいれば、ご教授いただけたら嬉しいです。
    そのお礼に送料無料とさせていただきます。

    在庫状態 : 在庫有り

    販売価格  ¥75,000(税別)

    数量  

    サイズ

    w12 x d12 x h10 cm