Antique

南方枯壺(室町時代 – 江戸時代)

  • SOLD OUT
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)
  • 南方枯壺(室町時代 - 江戸時代)

室町末期に中国との間ではじまった南方貿易では様々な品物が往来しました。本品もその頃に伝来したものです。口元は二重になっており、蓋をし縛ることができるようになっており、また底部は舟徳利のように、安定するように作られてあります。そして、石のように重くどっしりとしています。おそらく蒸留酒などの容器として日本に伝わったものではないかと考えています。

口元は釉薬がカセこむほどに、使い込まれており、これぞ雑器の至る美しさではないでしょうか。大きさに対してどっしりと重量がありますので、大きな枝モノをどんと生けることができます。

在庫状態 : 売り切れ

SOLD OUT