Concept

茶席の禅語「白馬入蘆花(はくばろかにいる)」はお店の名前の由来です。この短い禅語が簡潔に想起させる存在や実在についての美しい問いかけは、物事を測る物差しのようです。入蘆花では古物と現代工芸を扱っております。お茶をそれらを内包しうるものとして位置付けて、過去から現在に向かう系譜とこれから立ち起こっていくものの間で入蘆花らしいあり方ができればと願っております。