Antique

新羅土器小壺

    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺
    • 新羅土器小壺

    穴窯で高温に焼締られた新羅土器です。指で触れると硬質が伝わりきます。肩に灰が降りかかった冷え枯れの景色は、窯の中で起こった偶然の産物です。対して、継直しが施された口元は、人の美意識に根ざしたもの。自然と人のそれぞれの在り方について、思いが巡ります。日々の足元に咲く野花がよく似合います。

    本品のような焼締陶の源流は、古代中国の殷(いん)代にはじまる灰陶と呼ばれる硬質土器にまで遡ります。大きな穴窯の中で、高温で焼き締める技法は、三国時代の朝鮮半島を統一しようとしていた新羅(しらぎ)へと伝わりました。

    日本の須恵器の技法も、5世紀頃に新羅から伝わったものとみられています。弥生土器の系譜である土師器(はじき)に代わり、須恵器はその後、古代日本の主要な焼き物として定着していきます。1000~1200度の高温で焼成するため、器は堅く焼き締まり、それまでのもろく崩れやすかった土器に代わり、このように世界に伝播していきました。

    在庫状態 : 在庫有り

    販売価格  ¥40,000(税込)

    数量  

    → International Order Form

    サイズ

    w10x d10 x h9.5cm

    統一新羅時代

    668-900 CE