ROCANIIRU COLLECTION

緑釉壺 漢王朝時代/206BCE-220CE

漢代(206BCE-220CE)の緑釉壺です。漢代には中国陶磁史上初めて、本格的な青磁が登場したほか、灰釉陶器、加彩灰陶、黒陶、鉛釉陶器などが作られました。殷周から春秋戦国にかけて栄えた青銅器文化から一転、漢代に至ると、青磁の焼造という技術的革新が起こり、技法も形態も多様な陶磁器が作られるようになりました。

本品は頸部に段々と帯のついた口作りで、なだらかなヘ瓶子状の胴部をもつ、壺型の緑釉器です。

w10 x d10 x h13 cm
漢王朝時代/206BCE-220CE
陶磁器_中国 | 先始|3世紀以前

You may also like

Recently viewed