ROCANIIRU COLLECTION

古常滑 破れ片口大鉢 室町時代/1336-1573CE

室町時代の古常滑片口大鉢です。重厚な大造りの片口で、焼成時、縁が窯内で破れた様子を呈しています。
重厚な胎土、窯変、破れと力強い存在感で、花を呼びます。底面に直しがあり、水漏れはありません。

今回、古鉄五徳を合わせて、瓶掛けとして使用いたしました。ぜひ写真をご笑覧ください。

w30 x d24.5 x h13.5 cm
室町時代/1336-1573CE
陶磁器_日本 | 中世|12-16世紀

You may also like

Recently viewed