ROCANIIRU COLLECTION

花輪LC文染付コンプラ瓶 江戸時代/1603-1867CE

¥76,000

コンプラドールは、ポルトガル語で「仲買人」を意味します。江戸時代、長崎の商人たちは金富良社(こんぷらしゃ)という組合を作り、東インド会社(VOC)経由で日本製品の輸出を開始。その中に通称コンプラ瓶、蘭瓶と呼ばれる醤油瓶がありました。

本品は三股陶石を用いた波佐見焼きらしい灰色、粒石の混じった美しい泡肌。つる首、下蕪形の蘭瓶のなかではかなり珍しい造形で胴部にはかわいらしい花輪とLCの染付があります。素晴らしいコンディションです。コレクションにいかがでしょう。

w16 x d16 x h20 cm
江戸時代/1603-1867CE

在庫残り1個

陶磁器_日本 | 近世|16-19世紀

You may also like

Recently viewed