ROCANIIRU COLLECTION

須恵器 台付椀 古墳時代/250-581CE

本品は椀に高台をつけたもので、7世紀前半頃から出現する器形です。
高台には四方に方形の透かし孔を持ちます。椀は、杯に近い半月形の形状で、自然釉がたっぷりとかかっており、素晴らしい景色を呈しています。

水をいれると、ゆっくり時間をかけて、じんわりと水が染み出してきますが、さらに時間をおけば水が止まり、写真のように水盤としてもお楽しみいただけます。花を呼ぶ、静かなる佇まいです。

w14.5 x d14.5 x h7.5 cm
古墳時代/250-581CE
陶磁器_日本 | 古代|3-12世紀

You may also like

Recently viewed