ROCANIIRU COLLECTION

古信楽 大壺 残欠 室町時代/1336-1573CE

室町時代の古信楽の大壺です。窯跡で出土したもので、口が割れ、口元から胴半ばにかけて深い貫入が入っています。しかし、古傷はよく馴染み、どっしりとした作りで、口を持って持ち上げても安定感があります。竹筒の落としをおつけします。季節の枝物がよく映えますので、茶席や暮らしの室礼でお楽しみください。

w45 x d45 x h50 cm
室町時代/1336-1573CE
陶磁器_日本 | 中世|12-16世紀

You may also like

Recently viewed