ROCANIIRU COLLECTION

古瀬戸 灰釉瓶子 鎌倉時代/1185-1333CE

中世古窯の直腰型の瓶子であり、粘土紐輪積み成形により造形され、口頚部は轆轤水挽き成形されて接合されており、器面は丁寧に撫で仕上げが施されています。流れる灰釉、肩および胴上部に巡らされた刻線が作品を引き締めています。

窯跡出土のもの。呼継手。落とし付きです。花入にいかがでしょう。季節の野草など、花を呼ぶ古窯の佇まいです。

w17 x d18 x h28 cm
鎌倉時代/1185-1333CE
陶磁器_日本 | 中世|12-16世紀

You may also like

Recently viewed