ROCANIIRU COLLECTION

縄文土器 深鉢土器 縄文時代/10000-300BCE

縄文時代の深鉢は食べ物を煮炊きするための鍋や、ものを保存しておくための容器として使用されたものです。

本品は口の開いた深鉢に小さな円筒形の底部の形状。胴の全面が斜縄文に覆われています。小ぶりながら、迫力があります。

胴に修復がありますが、状態良く、完器形を保っています。コレクションにいかがでしょう。

(麻紐で編んだ壺座をおつけしています)

w20 x d20 x h23 cm
縄文時代/10000-300BCE
陶磁器_日本 | 先始|3世紀以前

You may also like

Recently viewed