ROCANIIRU COLLECTION

弥生土器 甕型土器 弥生時代/300BCE–250CE

弥生土器は弥生人の稲作文化と共に広まっていったと言われています。それぞれ、形と機能が決まっており、貯蔵用の壺、煮沸用の甕、食べ物を盛るための高坏や鉢など、人々はこれらを組み合わせて使用しました。

本品は、煮沸のための甕型土器です。
小さな底部から、肩に向けてなだらかに膨らみ、大きく開いた口を持っています。
赤褐色と火色の黒の景色を呈しています。
補修がありますが、完器形の弥生土器です。コレクションにいかがでしょう。

w17 x d17 x h25 cm
弥生時代/300BCE–250CE
陶磁器_日本 | 先始|3世紀以前

You may also like

Recently viewed