ROCANIIRU COLLECTION

古瀬戸 鉄釉茶碗 室町時代/1336-1573CE

古瀬戸の製品は宋風禅の導入によって確立した鎌倉五山や幕府・武士階級を対象として作られているため、その需めに応じた作品が多く、天目茶碗は代表的なものです。本品は縁がまっすぐに立ち上がる古式の形態。底部は削り出し高台で、釉薬は黒褐色の古瀬戸釉がかけられています。窯跡で捨て置かれたものを継ぎなおしたものでしょう。花を呼ぶ野趣ある佇まいです。

w12.5 x d12 x h7 cm
室町時代/1336-1573CE
陶磁器_日本 | 中世|12-16世紀

You may also like

Recently viewed