ROCANIIRU COLLECTION

李朝 粉青沙器 白象嵌華文皿 発掘手 李氏朝鮮時代/1392-1897CE

李朝 粉青沙器 白象嵌華文皿です。発掘手で土器特有の酸化した土臭もしますが、白象嵌の状態がよく、華文もはっきりと残っています。皿の中央が凸状になっているのですが、書道具でしょうか。類似品をみかけたことがなく、用途が不明なままの出品です。木箱が付属します。

w8.5 x d8.5 x h3.4 cm
李氏朝鮮時代/1392-1897CE
陶磁器_韓国 | 近世|16-19世紀

You may also like

Recently viewed