ROCANIIRU COLLECTION

李朝 白磁 満月壷 タルハンアリ 李氏朝鮮時代/1392-1897CE

¥2,500,000
月壺は、李氏朝鮮時代の中期に作られた名品で、提灯壷や満月壷(タルハンアリ)とも呼ばれます。朝鮮時代は儒教思想が強く、工芸においてもその儒教的感受性により、装飾を抑えた純粋な白磁の美しさが際立っています。この時期の白磁の特徴は、純白の色合いであり、微妙な色合いの白色はほとんど同じものがなく、乳白色、雪白色、灰白色、青白色などと分類されます。 月壺は、その丸い形が満月に似ていることから、韓国の抽象画家キム・ファンキによって名付けられました。

柔らかくゆったりとした曲線、満月を抱くようなどっしりとした胴部が迫力と静けさを両立させています。このような形のものは17世紀に多く作られました。 月壺の白は、初期の朝鮮磁器の純白色でも、中期の朝鮮磁器の灰色がかった白色でも、また本院窯でよく作られた青白色でもありません。一般的には乳白色と言われますが、すべての月壺がそうではなく、多くの場合、1つの器の中にさまざまな白色の色調が存在します。また、酸化や不完全燃焼による黄色い斑点や、容器として使われたものには液体の浸透による変色が見られることもあります。 月壺は、常に異なる白色の色調を示しつつ、時間とともに微妙に変化しています。

この有機的な白の変化、その色調の多様性が、私たちを惹きつけるのかもしれません。また、世界の陶磁器の中で、完全に装飾のない大型の壺を見つけるのは非常に珍しいです。月壺の大きな白い球体は、一つの空白であり、それに対する私たちの自然な欲求を刺激しています。 ひとたび、表面に絵や装飾が加えられると、その器はもはや月壺とは見なされません。この空白は、節制と匿名性の完璧な表現であり、欲望や自己中心性を持ち合わせていません。無作為が放つ、説得力があります。月壺の厳粛で繊細な表面から生じる多様な思考やインスピレーションは、当時の人々の美的感覚と美しさを体現しています。

本品は月壷と呼ぶにふさわしい球体をなしています。内側に水留めの修復が一箇所、高台の上に鎌傷、染み等がございますが、この手の壺としては手の良い作品だと思います。高さ48cmと大型で、迫力があります。大きな月壷ですが、上下は繋ぎ合わせず作られているように見受けられます。くったりとした、魅力的な白度です。
w48 x d48 x h48 cm
李氏朝鮮時代/1392-1897CE

在庫残り1個

陶磁器_韓国 | 近世|16-19世紀

You may also like

Recently viewed